ホーム > インフォメーション&コラム > 癒しのプロセス

癒しのプロセス

2019.01.30

その昔  


聖者ミラレパが洞窟で修行をしようとすると


その洞窟には無数の騒がしい悪魔がいる


そこでミラレパはまず これら悪魔を鎮めようとするが さらに騒ぎ立てる始末


無駄な方法だと悟ったミラレパは 今度は愛情の念を送ると 悪魔の数は半分に


今度は 半分の残りの悪魔を もてなすことに 


いたいなら好きなだけどうぞ と もてなしたわけです


すると最後のボス以外はいなくなりました


そこでミラレパはボスの口の中に 自分の頭をささげました


その瞬間に悪魔の姿は消えてなくなったという 言い伝え


この話 個人の癒しのプロセスに似ています


深層心理的には 洞窟は 個人の潜在意識そのもの


深い意識に降りていくたとえとされています(童話などでは森や山)


そこにはいろいろな怪がいるわけです


その怪と対峙するのではうまくいかないもの


受け入れることが最後の秘術


特定の悩みや 症状の癒しのプロセスも同じことかも知れません













> 一覧へ戻る