ホーム > インフォメーション&コラム > マインドフルネスと妙好人

マインドフルネスと妙好人

2019.01.09

かつて真宗信徒に 妙好人と呼ばれていた方たちがあります


在家の方で 経典などの学識はないのですが


生活を南無阿弥陀仏の念仏三昧で行なう 


生活上生じた うれしいことも 悲しいことも ジャッジせず ただ南無阿弥陀仏といただく


妙好人のなかには


専門の出家僧もうなるほどの進歩みせていたかたも多くいたようです


これ とてもマインドフルネス対処法と似ています


それそのものといってもいいかも


理論的展開が違うだけ


感情や感覚を一歩引いてみつめて距離を置き


その観察者である自分に気づいていく方法


心理療法のマインドフルネスも


感情にラベリングしたり 挨拶したり 感謝の言葉を思ったり


などの方法があります


西方極楽浄土のご加護のほどはよくわかりませんが


とても理にかなった方法


感情や感覚に巻き込まれないようになっていくメソッドとして成り立ちます


各宗派での理論は違うでしょうが


称名念仏も


マントラも


祈りも


少なからず 同じ要素を持っています


言葉を用いない マインドフルネス瞑想も 同様の要素と効果で きづきを深めていく方法です


ここからスタジオ

埼玉県久喜市にある、お悩み・不調・自律神経・ストレスなどの改善を目的とした専門スタジオ(ここからスタジオ)です。
住所:〒349-1117 埼玉県久喜市南栗橋4-11-5ラフィーネ103
TEL:070-3855-4948(完全予約制)

> 一覧へ戻る