ホーム > インフォメーション&コラム > マインドフルネス

マインドフルネス

2018.12.05

最近はよく聞くようになりました


でもなんだかとらえどころのないぼんやりしたイメージでは?


言葉ではなんだかよくわからない


今に集中?


もとをたどれば仏教が源


そのメソッドに心理療法理論を組み込んだものが よく聞くマインドフルネス


何をするのか


何もしないのです


ただおきてくる感情を観察してあげるだけ


ジャッジを加えずに


ただ見つめるだけ


そうしておくと その感情は 強まることなく 薄れていく


でもこのただ観察が難しい


すぐに出来るものではありません


そこで感情にラベリングをしたり挨拶したりなどのテクニックが用いられています


でもどちらかというと中長期的に取り組んでいくもの


即効性はあまりないように思います


特定の不安は即効性のあるテクニックとあわせて行なうことが理想


ですが 長期的に行なえば マインドフルネスは ご利益あるもの


しかも東洋的な思想がベースにあるので受け入れやすいかも


ゆっくりとご自分のぺーすでコンスタントに続けることが大切


生活の中にある種の距離感を保ったゆとりが生まれてきます






 



> 一覧へ戻る