ホーム > インフォメーション&コラム > フルセンスポジティブイメージ法

フルセンスポジティブイメージ法

2018.10.31

イメージトレーニングやメンタルトレーニングは有名だし、活用されている方も多いもの


それを発展させたもので、 感覚すべてを利用するのでフルセンスポジテイブイメージングとでもしておきます。


仏教でいうところの 眼 耳 鼻 舌 身 意 の感覚をそれぞれイメージします


なぜなら それぞれの感覚はそれぞれ違う脳領域に影響するから


できるだけおおくのニューロンパターンをつくるためです


見る 聞く 嗅ぐ 味わう 身体感覚 意識 すべてをイメージで経験させるものです


たとえば 高速道路でのパニック発作経験から 高速道路での運転が出来なくなった方


自分が高速道路を不安なく運転している状況をイメージします


そのとき 見る景色は・・(流れていく風景や 前の車)


そのとき 聞く音は・・(BGM 走行音)


そのとき 感じる匂いは・・(テイクアウトした食べ物 車内アロマ)


その気 味わうものは・・(食べ物 ドリンク)


そのとき 感じる感覚は・・(振動 揺れ)


そのとき 何を考える・・(到着後 運転中)


このように通常のイメージ法をより詳細に それぞれの感覚ごとにイメージします


このほうが イメージに伴うニューロンパターンを多く使うことができます


スポーツ競技者でイップスやスランプに悩む方のイメージトレーニングとしてもお勧めです



> 一覧へ戻る